MENU

リコピンで嬉しい!?ダイエットを始めよう

リコピン ダイエット 画像

リコピンを大いに摂取してダイエットを始めましょう。

 

なんと言ってもリコピンはダイエットの味方。
ダイエットするには最適な方法なんですよ。

 

 

リコピンがダイエットに向いている理由

 

脂肪燃焼作用

リコピンを摂取し続けると血液がサラサラになります。
悪玉コレステロールを減らしてくれるからなんですね。

 

すると体の代謝が良くなり、痩せやすい体質に導いてくれるのです。

 

代謝がアップすれば少ない運動でも負荷がかかり、
カロリー消費に役立ったり体に悪い血が溜まらなくなります。

 

抗酸化作用

血液がドロドロになる理由を知っていますか?
悪玉コレステロールの仕業なのです。
これを解決するのがリコピンです。

 

新陳代謝が高くなるので痩せやすくなり、ダイエットに最適と
言われているのはこのせいなのですね。

 

 

リコピンダイエットの仕方

 

リコピンでダイエットするのであれば、トマトが理想的でしょう。
基本的には普段どおりで良く、肝心なのは夜だけなのです。

 

生活リズム

トマトダイエットの生活リズムを紹介しましょう。

 

夕食にトマトを食べること、3ヶ月から6ヶ月は続けましょう。
規則正しい生活と、リコピンを1日15mg摂取しましょう。
これだけでトマトダイエットが成功します。

 

即効性はありませんが健康的にダイエットできますから、
運動でハードなダイエットよりもスムーズに体重を落とせます。

 

どれくらいの量を食べれば良いの?

リコピンでダイエットする場合、1日にどれくらいのリコピンを
摂取すれば良いのでしょうか。

 

数値としては15mgです。
トマトなら大きめトマト2個から3個分です。

 

そんなにトマトばかり食べられない!という人には、トマトジュースが
オススメです。リコピン量はメーカーによって異なりますから、
成分表をしっかり確認しましょう。

 

サプリメントで痩せる

リコピンを手軽に摂取してダイエットするにはサプリメントがオススメです。
体に負担なく続けられますし、トマトが嫌いな人でも続けられます。

 

 

ダイエットで肝心なのは?

 

リコピンダイエットで肝心なのは夜です。
夕食にトマトを食べる、といった具合に夜に集中的にリコピンを
摂取することが望ましいと言えますね。

 

寝ている間にリコピンを体が吸収し、朝には快適に起きることが
できます。そのためにもリコピンは加熱したものや油状に
なっているものが望ましいでしょう。

 

実はトマトに代表されるように、リコピンは加熱したり油と一緒に
摂取すると、体に吸収されやすくなっています。

 

夕食は鶏肉のトマトソース煮込みや、お風呂後のトマトジュースなど
摂取する機会は多々あるはずです。

 

ダイエットに成功するためには夜が肝心です。

 

 

リコピンを摂取するだけでダイエットできるのか?

 

高い抗酸化作用を持ち、血液サラサラ、新陳代謝もアップして、
痩せやすい体になったからといって、
それだけではダイエットは成功しません。

 

やはり運動や食事制限も必要となってきます。

 

バランスの取れた食事を

まず基本はバランスの取れた食事が必要です。
旅館の朝食をイメージしてみて下さい。
ちょうどそのような形の食事が最もバランスの取れた食事と言えます。

 

主菜、副菜、汁物、ご飯と言った風に、色々な小鉢をそろえましょう。
その際に緑黄色野菜をたくさん使うとリコピンを摂取できますので
緑黄色野菜をふんだんに使った小鉢を用意すると良いですね。

 

運動は軽いものでOK

リコピンをたくさん摂取している時期なので、運動は軽めでもOKです。
ウォーキング、愛犬の散歩、ストレッチなどでも効果は出てきます。
これも継続が大切なので、毎日続けるようにしましょう。

 

しかし背水の陣で行ってしまうと後がなく、苦しくなるので、
雨の日はウォーキングはおやすみ、ストレッチは1日ごとに別の箇所を、
など、フレキシブルな要素を取り入れておきましょう。

 

 

ダイエットを成功に結びつけるために

 

リコピンでダイエットするにあたり、食事制限、運動は
必要不可欠です。しかし新陳代謝があがっていますから、運動は
軽めの運動でよいですし、食事もバランスがよければ
食べ過ぎ注意なくらいで大丈夫です。

 

しかし即効性がないのがリコピンでのダイエットです。
3ヶ月から6ヶ月は余裕をみておきましょう。
その間に体は生まれ変わり、若々しくなり、基礎代謝もあがって
健康的な体になります。

 

健康な体は適正体重を求めますから、適切な体重へ自然と
落ちていくのです。柿やスイカ、グレープフルーツなどにも
リコピンは含まれていますから、果物もたくさん摂るようにしましょう。

関連ページ

リコピンを摂取して錆びない体に!
リコピンとは一体どんな成分か?リコピンのメリットなどの特徴について詳しくご紹介しています。
リコピンの嬉しい効果について
リコピンには美容をはじめ、健康維持やダイエットなど嬉しい効果がたくさんあります。リコピンの効果について詳しくご紹介しています。
リコピンの副作用、正しいサプリメントの飲み方を紹介
リコピンは多くのメリットを持つ素晴らしい有効成分ですが、副作用の危険性は無いのでしょうか?リコピンの副作用やリコピンサプリメントの効果的な飲み方についてご紹介しています。
リコピンへの愛
リコピンのコラム記事です。リコピンの効果などの特徴をはじめ色々な情報をご紹介しています。